貢献賞

ソフトウェア工学の基礎ワークショップでは,深い問題提起や優れたプレゼンテーションを行うなど,参加者に大きな貢献を与えた発表者に貢献賞を差し上げています.貢献賞は,査読された論文が対象で,ご参加いただいた皆様からの投票により決定しています.
なお,貢献賞およびライブ論文賞は,より多くの方が受賞の機会を得られるように,いずれかの賞を一度受賞された方は選考の対象から外しています.
受賞者(敬称略)

FOSE2016

フルペーパ部門

竹之内 啓太(大阪大学)

発表論文:プログラミング言語の構造を考慮した API 利用例検索ツール
ショートペーパ部門

松井 勝利(大阪大学)

発表論文:テスト計画に対する要求カバレッジ可視化手法の提案

依田 みなみ(電気通信大学)

発表論文:シンスライシングを用いたWEBアプリのための設定ファイル参照ミス検知手法の試作と評価

FOSE2015

フルペーパ部門

岩間 太 (日本IBM)

発表論文:音声認識システムの語彙列受理可能性テスト自動化
ショートペーパ部門

前田 芳晴(富士通研究所)

発表論文:業務システム向けの分岐網羅テストケースの生成手法

FOSE2014

フルペーパ部門

市井 誠 (日立製作所)

発表論文:モデル変換を用いたリファクタリング検証手法
ショートペーパ部門

早瀬 康裕

発表論文:コルモゴロフ複雑性に基づくプロダクト派生木復元の試み

FOSE2013

フルペーパ部門

萩原茂樹 (東京工業大学)

発表論文:強充足不能なリアクティブシステム仕様における欠陥範囲の特定
ショートペーパ部門

林晋平(東京工業大学)

発表論文:ソースコード差分の対話的修正法

小川秀人 (日立製作所/北陸先端科学技術大学院大学)

発表論文:POM/MCを用いた仮説ベースモデル検査デバッグ手法

FOSE2012

坂本一憲(早稲田大学)

発表論文:Webアプリの動的部分に着目したグレーボックス統合テストとテンプレート変数カバレッジの提案

中野大輔(奈良先端科学技術大学院大学)

発表論文:バグモジュール予測を用いたテスト工数割り当て戦略

FOSE2011

阿萬裕久(愛媛大学)

発表論文:論理的制約条件付き0-1計画問題として定式化した重点レビュー対象モジュールの選択

今井健男(株式会社東芝/東京大学)

発表論文:Minimal Unsatisfiable Core列挙によるプログラムの準最弱な事前条件推定

FOSE2010

門田暁人(奈良先端科学技術大学院大学)

発表論文:実装者に依存しないプログラム規模の測定に向けて

小林隆志(名古屋大学)

発表論文:トレースに基づくデバッグにおける欠陥箇所発見支援手法

FOSE2009

蛭牟田英治 (名古屋大学)

発表論文:JavaScriptソースコードリポジトリを用いた代替コード発見

桑原寛明 (立命館大)

発表論文:型検査に基づく情報流解析における型エラースライシング

学生奨励賞:野村潤 (九州工業大学)

発表論文:アーキテクチャ記述をカプセル化するインタフェース機構Archface

学生奨励賞:内山諭 (早稲田大学)

発表論文:メトリクスと機械学習によるデザインパターン検出

FOSE2008

FOSE2007

花川 典子(阪南大学)

発表論文:論理結合とモジュール結合による複雑度を用いたソフトウェア進化の可視化ツールの提案   

権藤 克彦(東京工業大学)

発表論文:事例研究:ツール「簡単#include検査君」

FOSE2006

安藤恭平(名古屋大学)

発表論文:テスト実行に基づくコンポーネント検索手法

権藤克彦(東京工業大学)

発表論文:TBCppA: 追跡子を用いたC前処理解析器

FOSE2005

丸山 勝久 (立命館大学)

発表論文:リファクタリングによる既存ソフトウェアの安全性の向上

大西 淳 (立命館大学)

発表論文:正常シナリオからの例外シナリオ作成支援

橋本 正明 (九州工業大学)

発表論文:実世界分析に基づくシステム化境界の定義

ライブ論文賞

ライブ論文,ポスター発表を対象とし,優れた発表に対してライブ論文賞を差し上げています. ライブ論文賞も,ご参加いただいた皆様からの投票により決定しています.
受賞者(敬称略)

FOSE2016

西村 雄一(立命館大学)

発表ライブ論文:ソースコード編集履歴を用いた競合解決支援ツール

FOSE2015

武田 真弥(三重大学)

発表ライブ論文:Javaの参照型変数と配列の静的null検出

FOSE2014

利國 愛(日立製作所)

発表ライブ論文:処理と実行順序の類似性に基づく仕様の補完手法

FOSE2013

市井誠(日立製作所)

発表ライブ論文:リファクタリング支援のためのプログラム等価性検証手法の提案

FOSE2012

内田公太(東京工業大学)

発表ライブ論文:C-Helper: C言語初学者向け静的解析ツールの提案

谷沢智史(株式会社ボイスリサーチ)

発表ライブ論文:Source2UPPAAL: ソースコードの効率的な検証へ向けた開発者支援ツールの検討

IEEE CS Japan Chapter FOSE Young Researcher Award

IEEE CS Japan Chapterと共催でFOSEで発表された優れた論文に対してYoung Researcher Awardを差し上げています. この賞は受賞時にIEEEの会員である35歳未満の発表者(第一著者)を対象とした賞です. 受賞者はプログラミング委員会にて決定されます.
受賞者(敬称略)

FOSE2016

松元 稿如(高知工科大学)

論文題名:メモリモデルを考慮したメモリアクセス命令を提供するSPIN用ライブラリ

松本 卓大(九州大学)

論文題名:開発現場への導入を想定したOSS事前評価手法確立に向けた調査

宗像 聡(富士通研究所)

論文題名:キャプチャデータからのテスト条件抽出に基づくOSS Webアプリのテストセットの評価と強化

FOSE2015

竹之内 啓太(大阪大学)

論文題名:変数の型を考慮したメソッド間の実行経路の検索

大村 悠太(東京工業大学)

論文題名:プログラム変換ルールを用いたプログラム自動要約フレームワークの構築

冨田 尭(北陸先端科学技術大学院大学)

論文題名:可能な限り仕様を満たすリアクティブシステムの合成

FOSE2014

幾谷 吉晴(奈良工業高等専門学校)

論文題名:ソースコード中の変数と条件分岐による脳活動の差

市井 誠(日立製作所)

論文題名:モデル変換を用いたリファクタリング検証手法

大橋 亮太(奈良先端科学技術大学院大学)

論文題名:自動計測データに基づくソフトウェア開発の作業目的の予測

小須田 光(九州大学)

論文題名:クラッシュレポートの送信頻度が不具合との関連付けに与える影響

FOSE2013

内垣聖史(奈良先端科学技術大学院大学)

論文題名:学習データ計測時期による欠陥モジュール予測精度の比較

柏原由紀(大阪大学)

論文題名:相関ルールマイニングを用いたメソッドの命名方法の分析

桑原寛明(立命館大学)

論文題名:情報流解析におけるDeclassifierの配置手法

佐々木裕介(富士通研究所)

論文題名:COBOL 記号実行のための記号メモリ

FOSE2012

坂本一憲(早稲田大学)

論文題名:Webアプリの動的部分に着目したグレーボックス統合テストとテンプレート変数カバレッジの提案

中野大輔(奈良先端科学技術大学院大学)

論文題名:バグモジュール予測を用いたテスト工数割り当て戦略

望月翔平(東京工業大学)

論文題名:LTL式からBuchiオートマトンへの高速な変換法

古川覚(茨城大学)

論文題名:組込みシステム検証のための協調解析手法

FOSE2011

林晋平(東京工業大学)

論文題名:ソースコード編集履歴のリファクタリング手法

林千博(慶應義塾大学)

論文題名:Ajaxアプリケーションを対象としたラウンドトリップエンジニアリング支援手法